長崎新聞(第23面)にて、弊社Filii(フィリー)をご紹介いただきました。

掲載記事(クリックすると大きいサイズでご確認できます。)

「ニュース最前線ながさき」コーナーの『集団心理止まらぬ怖さ ラインで言葉行き違い』というタイトル記事中で紹介されています。

 

長崎県内の児童生徒携帯電話所持率や、ネットいじめの事例、地域で取り組んでいる対策などについて説明されている記事です。その中で、弊社が提供するWebサービス「Filii(フィリー)」が紹介され、弊社西谷のコメントも掲載されています。

ITベンチャー企業「エースチャイルド」(東京)は、13年10月からアプリ「Filii(フィリー)」を配信中。アプリを親子のスマホにそれぞれインストールすると、子どものLINEなどに「死ね」「うざい」などトラブルにつながるメッセージが届いたときに、親に警告するサービス(月額400円)を始めた。全国で約5,000家族が利用しているという。

同社の西谷雅史社長は「アプリは子どもの承諾を得て導入する仕組みにしている。スマホを利用する際に親子で使用ルールを話し合うきっかけにしてほしい」と話す。

Filiiについて紹介いただいた部分