親子での危険情報共有を行うため、『お子様自身が分析結果を閲覧できる機能』を追加した件をご紹介いただきました。

下記コメントも掲載いただきました。
「子供は監視・強制を回避しようとする。情報モラル教育などと併せて、『対策が必要な危険』といった意識を子供自身にも持ってほしい。今後はこの方式を『パソコンにセキュリティソフトを入れる』ことと同じ感覚にまで持っていきたい」

 

【ベンチャー】エースチャイルド、Filiiに親子での危険情報共有機能を追加