2016年12月9日(金)、千葉県香取市立小見川中学校で1,2年生の約400名と、保護者約100名、教員20名向けに啓発講演を実施いたしました。

 

(本講演は「ちば地域コンソーシアム」の活動として開催しました。「ちば地域コンソーシアム」はシンポジウムの開催や広報啓発活動、インターネット安全教室の実施など各種の事業を行っている団体です。先日は浦安市立日の出小学校でも同様の講演を実施いたしました。)

 

1,2年生約400名、保護者約100名、教員数名向けに講演を実施

1,2年生約400名、保護者約100名、教員20名向けに講演を実施

 

講演内容

この日は「スマホ・インターネットの安全な使い方」と題して約45分で以下のお話をさせていただきました。

・LINE等の利用にあたり注意すべきこと
・中学生が巻き込まれているトラブル実例

スマートフォンを使っている生徒が何人ほどいるか挙手をお願いしたところ、最初は手を挙げる子は少なかったのですが、お互いの顔を見合わせながら最終的には半数以上の生徒が挙手していました。これほど多くの中学生がスマートフォンを所持し、手軽にインターネットにつながる現状では、このような啓発講演などを通してインターネットの正しい使い方を学ぶことが、トラブルなどに巻き込まれないために非常に重要です。

 

半数以上の生徒がスマートフォンを利用している様子でした

半数以上の生徒がスマートフォンを利用している様子でした

 

静かに真剣に講演を聞いてもらいながらも、トラブル事例で「コミュニティサイトで知り合った人が、最初は同世代だと言っていたのに、会ってみたら高齢のおじいさんだった。」ということを紹介した際には、生徒の中からは驚きの声が挙がっていました。

 

真剣に話を聞く生徒たち

真剣に話を聞く生徒たち

 

この他にもさまざまな事例を紹介しましたが、やはり実際に起こった出来事を紹介したうえで注意点を伝えると印象に残るようでした。

 

エースチャイルドでは、ご要望に合わせたテーマ、形式でセミナーや勉強会の開催を承っておりますので、お問い合わせフォームより是非お声掛けいただければと思います。