2017年1月12日の木曜日、有楽町の東京国際フォーラムにて全国学習塾協同組合(AJC)が主催する「塾・教育総合出展」に出展いたしました。

 

本イベントは毎年1月に開催されており、全国の学習塾や英会話教室等、民間の教育に関わる方々に対して教材・備品販売などの情報を提供する展示会となっています。

会場には多くの教育関係者が来場していました

 

今回の展示では弊社製品であるFilii(フィリー)の紹介をし、Filiiを生徒様にご紹介いただける教育関係者を募集しました。展示エリアには多くの教育関係者が訪問してくださり、熱心に質問をしていただきました。

弊社展示ブースではFiliiの紹介をいたしました

 

スマートフォンが中高生に普及していく中で、さまざまな問題が発生するようになってきています。

平成26年に行われた総務省の調査によると「スマートフォン利用により減った時間(複数回答)」として、睡眠時間と勉強時間が最も減少していることが分かります。

「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査 報告書」 (平成26年7月総務省情報通信政策研究所)より

Filiiではアクティビティ分析により、利用しているアプリや機能の時間を集計できます。利用時間が可視化(見える化)されるだけで、スマートフォンの長時間利用抑止や、よりよい使い方について家庭で話し合うきっかけにつながると考えられます。

さらに、ネットいじめ、出会い系などのトラブル事例を紹介しつつ、Filiiで予防・対応できる点を紹介いたしました。

 

この他にも2016年に実施した千葉県柏市での実証実験について紹介すると、多くの来場者の方に興味を持っていただき、子どものネット関連トラブルに対する関心の高さを感じることができました。

 

今後もこのような機会には積極的に参加し、より多くの方々にFiliiを知っていただき、安全・安心にスマートフォンを活用していただけるように努力して参りたいと思います。