【体制強化】 子どものネット利用の問題に最前線で向き合ってきたベテラン経営者を COO(最高執行責任者)に選任

報道関係者各位
プレスリリース
2014年11月07日

エースチャイルド株式会社
代表取締役CEO 西谷 雅史

 

エースチャイルド株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:西谷 雅史)は、こどものネット利用の問題として注目される、ネット上の犯罪やいじめ、出会い系、有害情報、炎上などの危険からこどもを守るサービス『Filii(フィリー)』のβ版(無償)を提供しています。このたび、Filii事業の拡大に向けた経営体制の強化を目的に、10月1日付で、COO(最高執行責任者)を新設し、同役職に、日本最大級の女性エンターテインメントサイト「魔法のiらんど」創業社長で、元角川グループ・アスキーメディアワークスの常務取締役の谷井玲を、取締役COOとして選任いたしました。

 

■COO新設の背景

2014年6月30日の、LINEやカカオトークなどに対応したAndroidアプリ「Filiiモバイル」のリリース後、Filii事業への大変大きな反響をいただいており、確かなニーズを確認することができました。子どものネット利用の問題は、スマートフォンになる前のフィーチャーフォンの時代からさまざまな対策や啓発活動が行われてきました。従来からの対策は現在でも重要な役割を果たしますが、近年、SNSやスマートフォンアプリが普及することで子どもたちのネット環境は激変しています。対策にも新たな方法が求められる時期に来ています。Filiiがこの環境の変化に対応した新たな対策であることが、少なからず認識されてきたものと捉えています。

これを機に、弊社はFilii事業を拡大・強化していきたいと考えており、経営戦略、営業、さらには啓発活動の強化を目的とした新たな人材を求めておりました。

谷井は、フィーチャーフォン・コンテンツ黎明期に「魔法のiらんど」を立ち上げたことで、ネット上のさまざまな問題に直面してきた経営者です。それゆえに、コミュニティサイト巡回監視のアイポリスを設立し、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA) の設立などに寄与し、長年、子どものネット利用の問題に最前線で向き合ってきました。ネット環境の変化に対して新たな手段が必要といった考えや、経営理念に共感し、今回の選任が実現しました。

谷井に新設したCOOを任せることで、その経験から経営戦略、営業力の強化、その経歴から業界関係者・団体とのつながりを強化していきます。

 

■新経営体制

役職

氏名

代表取締役CEO

西谷 雅史

取締役COO

谷井 玲

取締役

榊原 健太郎

 

■谷井玲経歴

日本最大級の女性エンターテインメントサイト「魔法のiらんど」を立ち上げた創業社長。

2011年1月、角川グループに魔法のiらんど社の株式を100% 譲渡し、角川グループのアスキーメディアワークス社と合併、常務取締役として長らく角川グループのe事業育成に参画。コミュニティサイト巡回監視のアイポリスを設立し、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA) の設立などに寄与。

魔法のiらんど:http://maho.jp/

アスキーメディアワークス:http://asciimw.jp/

アイポリス:http://ipolice.jp/

EMA:https://www.ema.or.jp/ema.html

 

 

【会社概要】
会社名 : エースチャイルド株式会社(A’s Child Inc.)
代表者 : 代表取締役CEO 西谷 雅史
設立  : 2013年10月
所在地 : 東京都港区芝浦三丁目11番5号
URL   : https://www.as-child.com
事業内容:     ・「ネット上の危険からこどもを守る」サービスFilii(フィリー)の開発・運営

・情報モラル、 ITリテラシ、ICT活用等のセミナー、勉強会等の企画、開催

・情報モラル、 ITリテラシ、ICT活用等のコンサルティング・実施支援

・Filii利用技術のB2B展開(データ収集/分析、レピュテーションリスクマネジメントなど)

Filii(フィリー)サービスサイト: https://www.filii.net Filiiスマホアプリ(Android)  : https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asc.mfp.app&hl=ja

エースチャイルド株式会社は2013年10月に設立。『こどものためのデータ分析』をミッションに、ビッグデータ技術、データ分析技術で、こどもの未来を明るくするサービスを手掛けていく会社です。

以下をビジョンとしています。

・SNSやスマホを使いながら知り、自衛できる手段の浸透

・家族全員でこどもを育てる機会と手段の提供

・技術やビジネスでグローバル活躍する世代の育成

 

 

【本件に関するお客様からのお問い合わせ】 フォーム:https://www.as-child.com/contact

 

※当プレスリリースに記載されている他社の企業名、商品名、サービス名、システム名等は、日本及びその他の国、地域における各社の商標、もしくは登録商標です。