2017年11月18日(土)、千葉県佐倉市立佐倉東小学校で保護者、教員、地域の方々向けに啓発講演を実施いたしました。(本講演は「ちば地域コンソーシアム」の活動として開催しました。「ちば地域コンソーシアム」はシンポジウムの開催や広報啓発活動、インターネット安全教室の実施など各種の事業を行っている団体です。)

 

保護者・教員・地域の方々向けに講演いたしました

 

 

子どもたちが触れているスマホ・インターネットの世界で、どのようなリスクや危険があるのかについて、具体的な事例を交えてご説明させていただきました。

講演後には話の内容を踏まえたうえで、数名ずつの班になっていただき、スマホを持たせるうえで気をつけたほうがよいことや、互いの家庭で発生したトラブル事例の共有などをしていただきました。

 

数名ずつの班に分かれて積極的に意見交換をしました

 

終了後のアンケートでは「リスクやトラブルに関する具体例が分かりやすかった」 「今回のような内容は保護者こそ学ぶべきだと思った」 「そろそろ子どもにスマホを持たせようとしていたが、話し合うことや、ルールを設けることの大切さが分かった」 といった感想をいただきました。

スマホやネットのトラブルについてはニュースなどで概要を知っている方は多かったですが、具体例を用いた説明をすることで、今まで以上に理解を深めていただけたようです。

また、子ども達がトラブルに巻き込まれないようにするためには、話し合いやルール設定をすることが大切であることも話しました。利用時間を決め、知らない人とは関わらないように、家庭内でルールを設定することや、子どもがネットで何をしているかをきちんと話し合い、見守ることが、トラブルを未然に防ぐうえで重要であることをご理解いただけたようです。

 

スマホを利用する子ども達だけではなく、見守る側の大人もスマホやインターネット利用について学ぶ必要があります。スマホ・ネットを安全に利用しトラブルを減らしていくために、引き続き子ども向けだけではなく大人向けにも情報モラル講習を実施していきます。なお、弊社メディア「つながる世界の歩き方」では、現在の子どもたちの置かれている状況や、安全にスマホ・ネットを利用していくために役立つ情報を発信しています。

 

エースチャイルドではご要望に合わせたテーマ、形式でセミナーや勉強会の開催を承っております。
お問い合わせフォームより是非お声掛けいただければと思います。